Before/After ベースメイクストカールpart3 |枝毛を切らずに治すトリートメント。

こんにちは!

広島大手町の美容室ネクストイノベーションです。

ベースメイクストカールのbefore afterを紹介していきます!

今回の髪のお悩み

ロングヘアの方ですが、まだまだ伸ばしている最中だそうです。

伸ばしている途中なので、切らずに枝毛などを治し、髪を美しくしたいということでご来店いただきました。

今回の髪のお悩みをまとめると下記4点です。

  • 枝毛を切らずに治したい
  • 長さを短くせず髪全体を美しく補修したい。
  • カラーの持ちをよくしたい。
  • イヤなクセを取りたい。

 

根元から中間部分のクセを取りつつ、毛先は自然に仕上げるベースメイクストカールベースメイクカラーを施術させていただきました。

Before

施術前の髪のご様子です。

After

根元から中間にかけてのクセをとり、毛先部分はカールで仕上げています。

Beforeは毛先方向に向かって放射線状に広がっていたのが、すとんとまとまっています。

まとまっていながら、いかにも「ストレートをかけました!」という雰囲気が出ないように毛先はカールで自然に。

ご来店頂いたのは6月も終わり頃ですが、まだまだ湿気が多く汗もかきやすく髪型がくずれやすかったり、スタイリングがしにくい季節です。

ベースメイクをすると朝のお手入れもしやすく、スタイリングの崩れも少なくなります。

Before/Afterを並べてみます。

髪の内側はこんな感じです。

枝毛は治せる時代になった

枝毛は切らないといけないと思っている方は多いと思いますし、実際これまでのトリートメントであれば枝毛を治す効果はありませんでした。

しかしベースメイクトリートメントであれば、枝毛も治すことができます。

現時点では唯一、枝毛を治すことのできる薬剤と言えると思います。

根元から中間部分がぺたっとした印象にならず、ボリュームをコントロールできるのがベースメイクの利点です。

カラーもするとW効果

カラーやパーマなどはもともと髪が痛む施術ですが、ベースメイクトリートメントを用いたカラーだと髪はほとんど痛みません。

なので、ベースメイクトリートメントやベースメイクストカールにベースメイクカラーを行うと内部補修効果と表面のコーティング効果が高まり、より一層髪を美しくすることが可能です。

ベースメイクトリートメントやベースメイクストカールでは、痛みやクセを作っている髪のでごぼこ部分にトリートメント成分を入れます。

カラーは髪の内部にカラー成分と栄養成分を入れ込み、さらに表面にも栄養成分とコーティング成分で髪を補修し守ります。

本来であればパーマ&カラーをすると痛みがさらに倍増しがちですが、ベースメイクでは逆に両方の施術をすることでより一層髪をきれいに保つことができます

ベースメイクカラーについてはこちらに詳しいです。

トリートメント成分が半分!染めるほど髪を修復するカラーって?リバイバルヘアカラートリートメントの話①

2018.05.13

 

夏は紫外線で髪が痛みやすい季節です。

外出される機会も多くなるので、夏本番前にベースメイクトリートメントされる方も増えてきます。

ご予約について

直前のご予約だとご希望の日程をお取りするのが難しいことがあります。

余裕をもってご予約いただくか、いくつか日程の候補をご用意いただけると予約がスムーズです。

ご予約はお電話か公式HPのお問い合わせ欄からどうぞ!
ご予約かご来店の際にブログを見ましたと一言つけて頂けると励みになります。

TEL:082-249-3191